FAX : 011-520-5005
〒064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目10番97 札幌KSビル 4F
運営方針
「長年暮して来た、我が家で最期まで暮らし続けたい!」 「元気なうちは家族と共に暮らしたい!」
「最期まで、介護の力を借りても地域に住み続け最期を迎えたい!」
まさに、このようなニーズに応えるために、国が進めている2025年問題(団塊世代が75歳以上となる)の解決策として「地域包括ケアシステム」が提唱されております。
当協議会では、「地域包括ケアシステム」の5つの要素の中で、特に、医療と介護の連携に重点を置き、必要な在宅医療と訪問看護、各種介護事業との連携強化の推進で、地域の介護高齢者皆様に安心して暮らし続けて頂きたいと考えております。
なお、当協議会には医療、看護、介護の連携を推進するために、各医療機関(医師・歯科医師)をはじめ、訪問看護ステーション(看護師・PT・OT・ST等)、調剤薬局(薬剤師・管理栄養士)等の他職種の医療関係者と介護事業者(介護職、居宅介護支援専門員等)を会員として活動してまいります。
「療養生活支援協議会は、安心して住みなれた地域で暮らし続ける療養生活の実現を目指します。」
一般社団法人 療養生活支援協議会
代表理事 滝野 賢次郎